季刊 Adelante!

A Natural-Born Procrastinator's Diary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
そして、父になる
近所のスーパーで買い物してレジを出ようとしたところで呼び止められる。「ちょっと、お父さん!忘れものっ」…もう孫がいてもおかしくない年頃なのだと改めて自覚させられた次第。

というわけで自分がそして父になった話はともかく、映画のこと。

淡々とした展開なのに静かに引き込まれて、やるせない高揚感のようなものがずっと心に残るような映画だった。本筋とはちょっと離れる挿話だけれど、主人公の福山が母親役の風吹ジュンに電話をかけるシーンが一番印象に残る。思い切って話を切り出そうとする主人公を遮って話題を変えてしまう母親。言わなくても分かる、けれど言わなければ伝わらない、そんな何十年も2人の間に溶けずにいたものが一瞬で消えるのを見た気がした。

ある友人によると、人は最終的には育てる幸せに行き着くのだそうで。長年後進の指導育成を続けてきた奴だけにリアリティを感じる言葉である。なんでも、引退後は農家もいいな、とのこと。人でも野菜でも、あるいは事業でも手をかけて苦労したことがきちんと相手の成長となって返ってくるのがやりがいであり幸せなんだとか。

そういえば田舎の父親も今はもっぱら素人農家が生き甲斐の様子。キャッチボールやコマ回しを教えてもさっぱり食いついて来ない息子を持って、若い頃はさぞや張り合いの無い子育てだったであろうと申し訳ない思い。今、畑仕事が楽しいのはその分取り返そうという反動なのかな。
| ひるひる | 映画/ステージ | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
そして、一粒のひかり
バックストリートボーイズの新曲PV。アポロ月面着陸、911などアメリカそして世界の人々の心に刻まれた事件を伝えるTVニュースを見守る3組のカップル。未来が希望に満ちていた時代、絶望に包まれた瞬間、そして新たな一歩を踏み出す3つめのニュースが3:00あたりから。3つめは日本人にはちょっと距離感あるかもだけど、それでもなんかじんとくる感じ。

| ひるひる | 日記 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
免許がない
免許の更新に行ったが、視力検査であえなく玉砕。矯正視力0.1だから当然である。半年以内に視力回復すれば実地試験免除で再交付可能ということだがどうしたものか。このまま生涯を東京で終えるのなら運転は不要だろうけど。

ついでに「高齢者向けの免許証返納のご案内」というパンフも頂いてきた。高齢者ねぇ…。なんとも感慨深い。
| ひるひる | 日記 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
きらきらひかる
擬音語・擬態語の類いは想像力を刺激する表現豊かな言葉として最近はそのビジネス効果についても注目されているとか。自分なんかは擬音語の多用は逆に表現力の無さをアピールしているようで恥ずかしくなってしまったり。会社の上司が「そのへんをザックリでいいんで、サクッとまとめてください(笑)」のようなメールをよくくれる人なのだが、軽くイラッとする自分は感覚が遅れているのだろう。
| ひるひる | 日記 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
こなさん、さようなら
タイトルの原題がさっぱり分からないのはさておき、小麦粉を常温で保存しておくとダニが繁殖してしまうと聞き、台所シンク下に開封放置していたやつをあわてて処分。そもそも自炊もろくにしないくせになぜ小麦粉など買ってしまったのかというところだが、腐るもんでなし、いざとなったら水で溶いて焼けば飢えも凌げるだろうと放っておいたもの。念のため賞味期限を確認したら1996年。太平洋往復を含む3度の引っ越しについてきてくれた小麦粉には申し訳ない思いで別れを告げた。以上、桜田淳子の公の場への出席、クルム伊達の全英3回戦進出に次ぐ、「17年ぶり」の話題でした。  
| ひるひる | 日記 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
アイズ ワイド シャット
最近は日常生活にも不自由を感じるくらいに眼が悪くなってきた。すれ違う人の顔もあまりよく見えないので、とりあえず脳内補正してイケメンを想像している今日この頃。というわけで再び眼科へGo. まず視力検査。矯正してやっと一番上の列が見える感じ。看護婦さんが「一番上、分かりますか?」「はい、えーっと、右…ですか?」「……これ、ひらがなですよ」恥ずかしー。最初に言ってよ。ちなみに正解は「と」でした。

白内障・緑内障ともちょっと進行しているという診断。白内障は手術で回復する可能性が高い反面、手術で緑内障が悪化したり、場合によっては失明のリスクもあるということで、手術するかどうかは自分で決めることになるらしい。うーん、どうしようか。

 
| ひるひる | 日記 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
時をかける親父
「ご無沙汰しています。覚えていますか?」その昔デートしたことがある子(といっても既にアラフォー男子)から20数年ぶりに連絡があった。当時僕はヤンエグ街道まっしぐら(大嘘)、彼はまだ大学生だった。ネットもケータイもなかったころだから、いつしか連絡先知れずになっていたままだったが、僕の勤務先と名前でメールアドレスを探し出したらしい。

「ひさしぶり」と返事を出すと、「会いませんか?」。うーん、思い出はきれいなままにしておいた方がお互いのためのような気がしつつ「禿げ親父ですけど、それでよければ」と返す。すぐに「時間と場所はどこがいいですか?」 …押しに弱い僕はすっかりたじたじ。なんなのだこの積極性は。ひねくれものなもんで、投資話でも営業されるのかしら…と心配になってきた。
| ひるひる | 日記 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
がんばっていきまっしょい
5月になると、小学生の頃に母親が「これはね、男の子のシンボルのお菓子なのよ」と、ちまきを食べさせてくれたことがトラウマのように思い出される。果たして母は僕の何を試そうとしていたのだろうか。エミ子(仮名)、恐ろしい子…。

王子と、王子の知り合いのイケメン中国人くんと食事。タイの商社で働いたことがあるというイケメンくん曰く、「他の国と違って日本人はきちんと納期を守るから偉い」。社交辞令だとしてもおそらく素直な感想なのだろう。イケメンくんにそう印象づけた前線で頑張っている同胞の方々には頭が下がる思い。とかく言い訳を探してしまいがちな我が身を猛省。

このイケメンくん、失礼な言い方を許してもらうと「売れない役者さん」で、平日は会社勤めしながら週末にモデル業したりオーディション受けたりしているらしい。「もういい歳だし、そろそろ諦めた方がいいのかなと思うこともある」そうだけど、自分の夢を諦めずにチャンスを掴もうと努力する姿勢が清々しく、かっこいい。他人事だから言えるのかもしれないけれど、頑張ってね。

| ひるひる | 日記 | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
歩いても歩いても
お盆休みに帰省。さっそくタクシーに財布を置き忘れて凹むことになるが、まぁこれは毎度恒例のことなので…。近所の駐在所に行ったら応対してくたお巡りさんが学校を出たばかりと思わしき若造くんで超可愛い。ちょっと得した気分(得してませんから)。

それはさておき、父が手術を受けることになったと聞かされる。春先の旅行で転んで腰を強打したとは聞いていたが、その後いつまでも痛みが治まらないので精密検査を受けてみたら背骨が圧迫骨折を起こしていたのだとか。高齢なので全身麻酔は体への負担が心配ということで切開手術はせず、脊髄に針を刺して「骨セメント」なるものを注入するのだそう。失敗するリスクもあるという脅しが書かれた同意書にサインさせられた母はちょっと不安になったようで、父が畑仕事に出ている時におもむろに「あんた、これから先どうするつもりなの?」と聞いてきた。不意をつかれて「何とかなるから大丈夫」などと返してしまったが、無責任丸出しだったかも。具体的なことを考えようとすればするほど思考が空回りしてしまう。大事なことを先送りする癖は死ぬまで治らないかもしれない。

帰ってきてから今度は自分の眼の状態を診てもらいに病院へ。特に異常なしという診断だったが、最後にちょっと確認の質問をしたらなぜか先生(女)がプチ逆切れ口調になってちょっとびっくり。そんな言い方しなくてもいいのに…と思ったが、虫の居所が悪かったのかな。おかげでその日は一日やな気分になってしまったが、こうやって負の気持ちは伝染していくんやね。自分が発生源にならないよう気をつけよう。


| ひるひる | 日記 | 20:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
シャレード
タモリ倶楽部のBGMはダジャレで選曲されているので、なぜこの展開でこの曲が?というのを考えるのが習慣になった。

今週は「線香花火を作る」というテーマで、冒頭でかかったのがポリスの「Don't Stand So Close to Me」。続いて火薬充填のところでカジャグーグーの「君はTOO SHY」。カジャグーグーは「火薬」とかけたらしいと分かったが、ポリスに手こずった。

いろいろ悩んで、邦題「高校教師」→「先公」→「線香」かな?とようやく辿り着く(違っているかも)。認知症予防の頭の体操にもいいかもしれない。 
| ひるひる | 日記 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS

このページの先頭へ